表示できない場合は、別のサーバーを選択してください。
  •   1
  •   2
  •   読み込み中
  •   読み込み中


私と中山文香は夜遅くまで残業していて、気が付くと地下鉄の時間も過ぎていたので、同僚に一晩家に泊まろうと誘われたのですが、彼女の家に着くと彼女はすでにシャワーを浴びて着替えていました。彼女は驚きました、私の前にいるとき、彼女はまだ下着も履いていないのに自由で、私の口にはよだれが出てきました、そしてついに私はもう我慢できなくなり、飢えた虎のように彼女に向かって突進しました。

電車の遅れと美しい同僚
 クイックリンク: gaisek3.pro/1119 
 俳優: Nakayama Fumika